excitemusic
専門のガウディの他、森羅万象の疑問をメモ風に記し、考えていくプログです。
by mohariza2
ICELANDia
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
メモ帳
最新のトラックバック
saint sebast..
from saint sebastia..
iceland aren..
from iceland arena ..
link
from link
テラびしょびしょw
from お・な・に・ぃ
負けても勝ち組w
from ドンパッチ
aplastic ane..
from aplastic anemia
daniele cortis
from daniele cortis
pic of emo boy
from pic of emo boy
irishdancer
from irishdancer
asd
from asd
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


格闘技(プロレス)とは?

あるプロレス関係へ投稿より(H18.12.24) (追記)

<「週刊ファイト」が、休刊(廃刊)になってから、格闘技・プロレス情報は、
今さら、「東スポ」を買う気も起こらず、忙しい身で、
時々、PCのホームページで、「日刊スポーツ」のファイト欄を時々見る程度になり、

本当の事情近くは、このホームページ(mailmag@mag2.com)が殆どとなりました。
 
ところで、(大晦日に行われる) 「男祭り」 / 彩 さんの投稿にある、
今年の「男祭り」は、ヒョードルvsバーネットがあれば、
プロレスファンとしては、多いに見たい気を起こしたと思いますが、
他の試合の組み合わせを見ても、あまり心沸き立たせるものは、
少なかったように思えます。

その点、「K-1」の主催者の方が、今、あえて、やる必要が無いのに、
(その勝負において、どちらかの商品価値が下がることを知っていながら、)
そのやる姿勢の方が、格闘技ファンとしては、面白いかもしれません。

私は、プライドもK-1も時間が都合がつけば見(ビデオに撮ったりし)、
深夜のプロレスは、ほとんどビデオに撮ることも無く、
おきていた時に、たまに見るようになってしまいましたが、
世の中に今後とも残るのは、
今はどん底ですが、「プロレス」のような気がします。

昔のプロレスのリアルファイト(永遠、5時間近くのファイトを今の観客は求めるはずも無く・・)を
修正し、地方の身近でも、庶民に分かり安い形(善悪の形)で見られるようにしたのが、

近代の「プロレス」だったはずです。

「プライド」も「K-1」も、所詮、スター選手がいなくなれば、
同じ道(昔のプロレスのリアルファイトが衰退した道)に陥る気がします。

私にはよく分かりませんが、
どの世の中にも、各種のスポーツ競技において、
スター選手が輩出すれば、急にそのスポーツが世間で注目される現象は、
不思議なものです。

プロレスは、数ヶ月に1回の興業では無く、
続く時は、毎日になります。
「プライド」、「K-1」とは違う興業体系を理解できないと、
「プロレス」の本質は、一般大衆には理解できないかもしれません。

「毎日行う」事の大変さ・興業の意味のアピールが、「プロレス業界」は、下手な気がします。

見せる興業の格闘技は、そもそも「殺し合い」では無く、
また、素人の無鉄砲な腕試しを披露する場でも無く、
そもそも、単なるショー(肉体の観劇)でも無く、

「肉体を鍛えた人間が、レスリングを基本とした総合格闘技を、
観客を意識ながら、自己をアピールし、観客を沸かせ、
かつ、勝負者同士がお互いの信頼関係の下で、その日の勝負をする興業」
であることを、プロレス業界は、より、アピールすべきだと思います。

「プライド」も「K-1」も、その選手は、毎日の興業はできるはずはありません。

その点、「K-1」では使い物にならないほど、地に落ちた曙を使いこなし、
地方ファンを沸かす「プロレス業界」は、奥行きがあり、懐があります。
プロレスファンは、曙の下手は下手なりに、一生懸命やっている事を、
本人の試合で理解する目を持っています。

「週刊ファイト」が、休刊し,真な情報を提供する機関紙(?)を失い、
この頃、醒めつつも、やはりプロレスが気になる人間の投稿でした。>

・・・私は、力道山がテレビに始めて出た昭和29年に生まれ、
父が何故かプロレスファンで、8時からのテレビをしょうがなく見た世代で、
(本当は裏番組の「ディズニーワールド(?)」の方が見たかったのですが、)
時代が下り、テレビ朝日がアントニオ猪木を中心に中継をしだし、
その後、日本プロレスを脱退し、新日本プロレスを結成したころからの、
実は、熱烈な猪木ファンである。
(今後、機会があれば、その詳細は、記しますが・・・。)


そもそも、前回、気が付かず、「アリザ」という名前を出してしまったので、
このブログ名の由来をここに記しますが、

「mohariza」は,大学時代の「プロレス同好会」のような、学園祭等の
リングネーム「モハメッド・アリザ」から来ている。
ブログ上、猪木と戦ったモハメド・アリの「moha」と本名の「ariza」を合体した著名(ネーム)である。

今だ、格闘技(+プロレス)は、この歳になっても、やはり好きである。
# by mohariza2 | 2006-12-24 19:11 | 人間

ある投稿より~「読ませる技術」(山口文憲著)について

ある投稿より(平成十八年12月24日) (補記・追記)

<「読ませる技術」(山口文憲著)は、読んだことはありませんが、○○さんの自分なりのまとめの内容文は、よく分かります。
文章以外でも、人を説得する際の会話にも適応できそうです。

しかし、

●執筆する前の心構え 七か条の中の、

「7 話はひとつだけに絞る」は、その通りとは,思いますが、
他の、

1 誰も書かないことを書く
2 読者が読みたいことを書く
3 正論は書かない
4 出来事をそのまま書かない
5 身近なことを書く
6 自分の話はしない

上記のことは、なかなか難しいような気がします。

1.は、このブログの根本のようなもので、
私の気のまま、思っていたこと、ふと気になったことを記していますが、
七か条のいくつかは、つい、書いたり、話したくなりします。

また、「3 正論は書かない」については、
私は、非難・危険が有ろうとも、あえて書きます。

それが私の生き方ですので・・・。>
# by mohariza2 | 2006-12-24 05:16 | 言葉・文字

タルコフスキーの映画 ~芸術作品について


私は、映画監督タルコフスキーの映画の中で、特に印象に残っているのは、「ノスタルジア」です。
自然、大地、雨、水、宗教的な建物に対する、ロシア民族が民族として感じている感性等が、画像、音楽で映画として表現されていたと思います。

イコン等自然への感性は、日本人とは違いますが、自然への憧憬(崇めのようなもの)を、
ロシア民族も持っていると思います。

現代の共産主義国家が出来るの前の、ロシアは、精霊、自然への憧憬に満ち溢れていたかもしれません。

また、ギリシア正教会が伝えられる前からの、民族として、崇める対象としてのもの、その精神性(原始宗教のようなもの)があったと思います。

スラブ民族としての、また、その中でのロシア民族としての精神性は、同じヨーロッパでも、ゲルマン民族とは違うものだと思います。

(ロシア民族は、モンゴル、バイキングの血も混ざり、血の中にある民族の精神性も、他のスラブ民族とも違うかもしれません。・・・もちろん、他のスラブ民族国家も、幾多の歴史の中で、血が混ざり合い、スラブ民族国家全体は、個々において、その特色がありますが・・・。)

タルコフスキーは、ロシア民族の精神性、血を映画で表現したかった、のもしれません。

なお、タルコフスキーは、映画を創ると共に、詩人家の父の影響か、多くの言葉を残していますが、私は、氏の映画と直接結びつけるべきでないと思っています。

映画(すべての芸術作品にいえますが・・・、)が創り出され、監督の手から離れた時点で、監督と別物になって、その作品は動き出します。
監督(たとえ本人の言葉だとしても・・・、)の言葉は、「一種のその映画への一つの見方・解釈でしかない!」ということです。

作品家本人の言葉でも、その作品の真の価値は、別の評論家なりの方が、本質を突いている場合もあり、また、様々な考え・解釈があり、作品自身を対象にすべきだと思います。
当然、有名な評論家の言うことが、正しいことは無いことは、当然です。
その作品は、観る人(小説等も同じですが・・、)それぞれが自分で感じればよいことだと思います。
極論を言えば、「解説書は必要ない!」とも言えます。
純粋に見ることを妨げることもあります。
(絵画展で、よくその絵を見ないで、絵画の下あたりの解説及びその絵の「題名」を見て、納得している人が多くいますが・・・。)
作品自身を鑑賞すべきだと思います。
# by mohariza2 | 2006-12-23 12:47 | 映画

女優 故 岸田今日子さんについて

故 岸田今日子さんは、日本の女優の中で、美人でもなく、口がやたら大きい女優でしたが、その存在感で、今では受けいられている、表現力及びプラスαが女優(芸能者?)の根本であることを実践してきた稀に見る女優だと思っています。

映画『砂の女』(監督 勅使河原弘 主演 岡田英次、原作:小説 阿部公房による)は、初期の主演で、大学を卒業後、東京のどこかの映画館で見ましたが、その映画・小説のように、完全に男(岡田英次)を食い、若くしてその存在感を表した映画でした。

岸田今日子さんが切り開かなければ、日本では、現在の個性派女優も、スムーズに大衆に受け入れられなかったかもしれません。

私は、岸田今日子さんのような存在感のある女の人は、どちらかと言うと苦手で、日本の女優では八千草薫が、一番好きで、色白で女性らしいつつましい女の人(?)が本当は好きですが、
男を含め、顔の美しさ(?)から来る美卑は、あくまでも、人間の主観であり、絶対的ではないことは認めつつも、やはり、何故か、男に植え付けられた好みはいつまでも同じと思っています。

しかし、世の中の男女のカップルで、美男美女同士は少なく、何故?というカップルも見かけます。

やはり、心が一番なのでしょうか?

夫 故 仲谷 昇は、男優としては、渋めの役者でしたが、夫婦間の内情は知るべきもありませんが、良いコンビだったような気がします。
# by mohariza2 | 2006-12-23 04:39 | 映画

CTスキャンの結果OK

今日、大学病院に行き、CTスキャンを撮り、結果、問題無しの診断が出た。

今日も、王診療所に行き、首の牽引を行い、右指はだいぶ、自由に動くようになった。
しかし、手首はまだまだ硬く、そらすことが出来ない。
どちらにしても、リハビリーしか無く、指も含め、手首もストレッチのように動かす努力をしている。手首にも注射が必要かもしれない。

手首は、手のてこの原理の元であり、かなり重要なことがわかった。
今さらながら、人間の身体において、どの部分も重要で、それらを失ったり、不自由にならない限り、その有り難味が分かってなかった事が分かった。

王診療所の注射は、どうもリンパ腺への注射のような気がしている。

西洋医学では、神経については、かなり解明しているが、
リンパ腺(液)については、解明しておらず、その重要性もわかっていないのでは?
(もちろん、私もよく分からないが・・・。)

東洋医学(漢方医学)は、まだまだおくが深い、気がする。
# by mohariza2 | 2006-12-20 02:15 | 生命

本当の漢方医は違う!中国四千年の力!

今日(18日)朝から高田馬場で施主と打ち合わせをし、一旦会社に戻り、先輩と今後のもしもの事(もし、長期入院の場合、今現在持っている仕事の処置等)に付いて打ち合わせ後、

あまり期待はしなかったが、一応と思い、神田にある、中国人がやっている、行きつけの漢方医の診療所に行ってみる。(本当は先週土曜日に行きたかったが、第3土曜日は休みだった・・・。)

先週も、(その前の週の金曜日夜、)駅の階段2段目からこけ、胸を打ち、痛くて行き(レントゲンでは骨は折れてなかった・・)、またその2週間ほど前は、腰痛で行っていた。

本当は、大先生に診て欲しかったが、受付では、まずその娘(?)の方で受けるようにとの指示。

症状を話した所、「では、首のレントゲンを撮りましょう!」と言われた。
何故、首のレントゲンか?分からず、
「本当は経験豊富なお父さんに診てほしい!」と言う前に、即座の指示だった。

レントゲンを撮り、待合室に戻り、しばらくすると呼び出され、
言われたことは、「アリザさんの首の7つの骨の間の軟骨が薄くなり、何かの原因で骨の後ろの脳から来ている右腕の神経を圧迫している。それが原因で右腕が痺れている。」との事であった。
確かに正常な首のレントゲン写真より薄くなっていた。

そして「注射を打ちます。」と言われ、
いったい、どこに打つのだろう?と思うまもなく、
「首の後ろのどこが痛いですか?」である。
首は痛いと感じては無かったが、自分で後ろを触って行くと、痛い所があった。
「では、そこに打ちます。」で、本当に痛い注射を打たれた。
そして「では、上の階で首の骨の牽引をします。」との事。
「アリザさんは、初めてですね。」と、話すには、徐々に首の骨を引っ張り、軟骨を広げていくとの事だった。

そして恐る恐る聞いた「今後、酒、タバコは?」の問いには、「ご自由に。」との答えだった。

15分ほど、「11キロ(だったか?)」で電動式の機械で顎に引っ掛けた皮を通じて、自動的に引いたり、緩めたりして牽引してもらい、「今後、徐々に重くしていきます。毎日がベストだが、最低1週間に2回は来るように。それで無いと元に戻る。」との言われ、薬をもらい、夕方、帰社。

その後、時間が経つうちに、腕全体の力が戻り、指が前よりもスムーズになり、親指は少しだが曲がるようになった。
そして、仕事を切り上げ、「酒のOKをもらった嬉しさか・・」(但し今後、会社内では、夕方仕事中、酒を飲むことの禁止命令が出たが・・・、)、行きつけのスナックに立ち寄り、最後の方では、右手でスケッチが出来るようになり、
電車に乗って帰宅最中には、みるみる回復し、まだ少し違和感のある親指以外の指は、違和感無く、動かせるようになった。(但し、まだ手首の関節は自由が利かない。)

一応、明日(今日午前中)に、大学病院で脳のCTスキャンを撮るが、原因は分かり、処置方は分かり、問題は解決したと思う。(先の投稿文にあるように、右手については、腹をくくっていたが・・・。)

さすが、中国四千年の歴史から来る本当の漢方医は違うと思った。

その漢方医の診療所名を敬意を称し、ここに記す。
『王診療所』 東京都中央区日本橋室町4-3 (TEL:03-3270-3835)
中国伝来の漢方と現代の技術を駆使し、保険が効き、安価で良心的な診療所である。
ちなみに先程の医療費が、1,600円だった。
先週行った保険が効かない整骨院(?)は、8,000円だった。

なお今後は、酒、タバコは、ほどほどにしようと思っている。

私は、いつ死んでも良いと思ってはいるが、中途半端で死から生に戻され、身体が不自由な状態で生きたくは無い!
ただし、戻された場合については、覚悟は出来ているが・・・、

やはり、父のように、人に迷惑をかけず、静かに死にたい。
# by mohariza2 | 2006-12-19 04:10 | 生命

神林長平の「猶予(いざよい)の月」を読み終えて

投稿できる間に記しておきます。

今週金曜日にようやく、SF作家神林長平の「猶予(いざよい)の月」(早川書房、上・下)を読み終えた。
神林氏の最高傑作かもしれない。(「Uの世界」、「グッドラック 戦闘妖精・雪風」も傑作だったが・・・。)
氏の作品を読み慣れないと、付いていけない人がいるかも知れないが、私にとっては、ストーリも明快で、展開が面白く、各主人公達の気持ちがよく分かる、読みやすい小説だった。

そして、その独創的な発想は、、「時間と空間」について今まで読んだ書物の中で、着眼点において一番面白く、私的には分かりやすく、納得いくものだった。

本当は、氏の考えた「時間と空間」について図解化して説明するのが、ベストで、分かりやすいとは思うが、先の投稿のように、今は右手が使えずCAD等で図面化は無理なので、その独創的な考えを文章で記す。

なお、登場人物の詳細は記しませんが、ネタばれになるので、本を読もうとする方は、下記文は読まないでください。

この物語の主な主人公達は、地球人によく似ているが、額の所に一種の超能力を持つ「第3眼」がある、惑星リンボス(地球)を回る人工衛星カミスに住むカミス人で、惑星リンボスに自分達そっくりの生物を造り上げ、その生態学をシュミレートしている。しかし、あるきっかけで、事象制御装置内に遭遇したカミス人6人が、リンボス世界に移動(一種の時空間移動・タイムスリップ)し、それぞれ自らの構造的類似物(人)に乗り移ってしまい、リンボス世界は、6人それぞれのカミス人の意志によって、世界(実現事象)が書き換えられるようになり、時間・空間がさまざまに変わってしまう世界となる。

氏の考えた「時間と空間」は、
「現実とは、『時間』と『実現事象』と『可能事象』の3つのベクトルで表すことができる。それをそれぞれ、Z、X、Y軸にあてはめると、現実という立体ができて、高さ(Z軸)は時間、幅(X軸)は現実事象を、奥行(Y軸)は実現の可能性のある事象だ。
 実現している事象面とは、『時間』と『実現事象』、Z-X軸で表されている。
ところが、バール(註:悪党の理論士)は、ある時間の一点で、現実立体を水平に切ることをした。
この事象面は、『実現事象』と『可能事象』のX-Y平面であり、高さ(時間)はなく、通常事象面とは垂直の関係になっている。・・・時間は流れないが、あらゆる事象が同時に生じているのだ。」

「イシス(善の理論士:近親相姦関係にあるアシリスの姉)は、バール事象面に吸収され、バール事象面の上の一本の事象線と現されている。」
「その事象線を交線とした、バール事象面とは傾いた事象面が、(理論士で無い)詩人アシリスが創出したアシリス事象面だ。」
「アシリス事象面は、バール事象面=時間軸に直交する平面に対して傾いているわけであるから、時間が流れる。・・・時間は逆に流れることもある。」

そして、「可能事象の中に時間が畳み込まれている」事を示唆し、
また、「この(バール)事象平面は、想像することも出来ない無限遠から消滅しはじめているかもしれない。可能事象の消滅によって、あると思っている可能事象がない、というこにもなりかねない」とし

アシリスが創出したアシリス事象は、「第4の眼」で、「自分を探る眼」で創出されたもので、「第3眼は、外を見るが、アシリスは自己を見る力がある。その力が可能事象に畳み込まれた、自己に関係する時間を展帳する」のでは?、とより高次の時間と空間を展開している。

そして、「理論はすべてを説明しない」、「この事象平面が消えてたら、なにも無くなる。」しかし、「愛は残る」。
「愛には形がない。空間がなくても存在できる。時間のない、いまでもそれはある。事象が無になっても存在するかもしれない。感情的な愛、人間の愛とは別の、最後に在るもの。そういうものがあると思う。言葉でも理論でも観念でも説明できないものが」・・・と。

「機械、テクノロジーに関するハードな思弁を執拗に重ねていた」神林作品の中では、禁断の愛をベースにした男女の愛を取り上げた珍しい作品であると共に、普遍的なもの(愛そのもの?)を、時空間を越えたものと捉えた、今まで読んだ「時間と空間」の書物類の中での納得いく最高傑作であった。
# by mohariza2 | 2006-12-17 19:59 | 時間

「しばらく、投稿できない場合あり」のお知らせ

当方、今週金曜朝から、右腕がしびれ、右の手で鉛筆も握れず、
パソコンのマウスも動かせなくなり、今朝(土曜日)まで痺れが残り、
友人に教えられた、関節可動域改善法の医者に行き、
腕全体の痺れは治まり、どうにか手を握れるまでなりましたが、
親指、腕全体の力は戻らず、

その医者から、話方からは直接脳障害は起こってないと思われるが、
これまでの色々な経緯を話すと、
寝ている最中、心不全から血液の障害が起こり、
脳まで障害を起こす場合があると言われ、念のため、来週中には、心臓・脳の精密検査をした方がよいといわれました。

年末、年始は忙しいのですが、いくつかの物件をキャンセルして、神経外科(?)に行くつもりです。

右手がこのままうまく使えなくなると、今までやれた絵等芸術作品が右手で出来なくなるという事で、左手で今までのような事が出来るかは、相当な努力がいりそうである。
(今も殆ど左指で投稿している。)

ま、その時は、手塚治虫の「火の鳥」(鳳凰編)の「茜丸」又は両腕を失い口で作品を残した「我王」のように生きることもあり、運命として受け止めるしかないかもしれない。
# by mohariza2 | 2006-12-17 02:42 | 生命

大道芸人について

ある投稿より (補記)

大道芸人は、人間の感性を己の身を持って、全身で表現するパフォーマンス家とも言えますが、ヨーロッパの迫害されたジプシーに繋がる民族(虐待されながらも生き続ける人間そのもの)を、あえて、大道で表現している伝道師だと思います。日本にも、大道芸人が昔から多く、現代でも、田中混 はじめ、大駱駝鑑、山海塾等舞踏家、津軽三味線の放浪の人間、沖縄・奄美の「島歌」を謳う人間等、多く、輩出しています。この方々がいなくなったなら、日本人の心を伝える人間がいなくなるような気がします。

民族の精神を伝える人間は、なぜか、どこの国にも存在しているような気がします。

しかし、その存在、その重要性の理解を世の中の人間(マスコミを含め)が少ないと思います。
世の中で、勢力を握っている方向に身を寄せている方が、安心で、それへの異端的な行動に賛
同することは、異端への賛同になり、避けかちなような気がします。

何故、避けるかというと、真実を突いていても、現代の優勢を持っている勢力と違い、異端の中に入ってしまい、自分が異端になり、自分の身が怖い事に繋がると思われるのだと思います。

民族(人間)の血・精神を伝道する人間は、数少ない中でも大事な存在 だと思います。

私は、現代において、大道芸人を含め、(世の中で異端とされながら、あえて、表現して行こうとする)芸術家は、昔のイエス・キリスト(その後に神格されたキリストではなく)、ブッタ(同じように、神格化(?)された)のような、真の宗教師(宗教の定義は、難しいですが・・)と思っています。
かえって、現代において勢力を一部誇示している、新興宗教の教祖よりも、昔のシャーマン的な精神性を持った、純粋無垢な人間(変な組織を持たず、真に自由な精神性豊かな一個人)だと思います。
# by mohariza2 | 2006-12-15 00:29 | 人間

昔の武士道の精神

また、田中氏への投稿から (一部修正・補記)

>昨日娘のが週一通っている無限道という道場に見学にでかける。
スペインバージョンの空手道場で流派も自由な環境で子供達にも馴染み易い道場。
徐々に武道の精神性を伝える事ができればという師匠の説明を受けた。
彼はK1の選手でもある。

・・・ 一昨日(日曜日)、テレビで明治に入ってからも、武士道の道を捨てなかった武士を描いた映画「ラスト・サムライ」を見、また、その前に、NHKの大河ドラマの戦国時代から徳川幕府確立を描いた『功名が辻』(山内一豊とその妻千代の物語)(最終回)、金曜日(?)は、第二次大戦の終末を描いた「硫黄島への最後の手紙(?)」を、個人的にも忙しい中(もう既に出さないといけない、喪中はがきを構想、日曜日は、プリントゴコで刷りながら)、見てしまった。
恥ずかしながら、久しぶりに涙してしまった。

私は、意識上は、コスモポリタンと思っていますが、やはり、私の中には、日本人の血が流れ、かつ、母からの父の先祖の話を聞くと、父の家系は、元々、武士の家系で、幕末、「いさぎよし」としない事態が起こり(詳述は、真実かが分からず、記しませんが・・、)、落人の形で、福岡の片田舎に身を隠し、結局、直系のおじいさんも、理由は分かりませんが、(その地の風土を、血が許さなかったのか?)そこにいられず、大正期(?)、アメリカへ移住したようです。(父は、アメリカで生まれ、家族は一時、戦前日本に来、またすぐ、戻り、その後、父だけは(一時、弟は一緒にいましたが、戦後、戻ってしまい、)、一人、日本の残され、母と結ばれ、今、私がいます。

「ラスト・サムライ」に表わされている昔の武士道の精神は、今の日本人にも、今だ、根本的に血の中に残っていると思います。
この映画は、アメリカの映画で、日本への真の理解を示した珍しい作品でしたが、そのアメリカのグローバリズムは、世界を「正義」の名の下で、結局は、各国の民族の伝統を無視し、世界を無秩序にし、混乱の世界へ導いていると思います。

その中で、「ラスト・サムライ」の製作者なり、また、田中氏の空手道場のK-1戦士という、日本人の武士道(精神性)を理解する人がいることは、うれしい事であり、かつ、返って、日本人より、根本を理解しているかもしれません。
(2006/12/12 10:42:18 PM)
# by mohariza2 | 2006-12-12 23:20 | 人間